長女ティナ 親分ケリィ お転婆お嬢1号チャイ・2号モナコ 小坊主ナッシュ やりたい放題ルースとキートス 陽気でヘタレなガングロQちゃん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
モナコが病気?
1月15日、早番でした。
家に帰るとホットカーペットカバーが一部ぬれてます。
まるでシッコを失敗したかのよう。でも、今更そんなこと…?

オットは泊まりで新年会。出かける準備してました。
「モナコがずっとゲロゲロ」オットは言いました。
吐く物がないのか出てくるのは胃液だけ。とっても苦しそう…
夜ご飯は抜いて様子を見るように言って出かけたオット。
後から聞いたら幹事だったんだって~会話のない夫婦だわ^^;

オットが出かけてからも吐くモナコ。それを何とか食べようと企むティナ。
シッコみたいに同じ場所で吐くんですよ、イヌって。

食欲があれば!と思っていつもの5分の1の量をお湯でふやかしたのを用意した。
お粥のつもり。
ところが、全く食欲がない…目の前にフードを置いても食べる様子がない。
救いだったのはグッタリしてる感じでもないこと。
獣医さんの言葉「犬は人間よりも治癒力が優れてる」を信じて様子観察。

寝るとき、全員ハウスさせた。
夜中に吐くといけないのでモナコは自由に出入りできるように。
案の定、電器を消してからもモナコは吐いた。相変わらず、吐くのは胃液だけ。

3回目のゲロゲロって音は夢なのか現実なのか…?
朝になるとモナコだけ自由にしてるのを見たケリィが「出せ」と騒いで目が覚めた。
私はモナコを探した。元気だ~!!

朝ご飯を食べたくて仕方ないハラペコモナコ。
量は減らしてお粥?を作ってあげるとペロリとたいらげた。
良かったよ~これで安心だ♪
20050117104237.jpg

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。